表示対象:
 「ANDPAD 3Dスキャン」の効果的な活用方法やメリットとは?圧倒的な人材不足や、2024年4月からの残業規制開始などの影響から「限られた人でと時間で品質を担保する」という課題に直面している建設業界。そのような課題の解決策として、少人数で高精度な現場調査が行える3Dスキャン活用が注目されています。当セミナーでは弊社が2024年5月に提供を開始した「ANDPAD 3Dスキャン」について3Dデータの取得から竣工図としての活用までの2年間の実地検証の結果を、本プロダクトの開発パートナーである東邦ガスネットワーク企画部技術開発グループ  松林 秀典 様にご登壇いただき供給管工事現場で活用される3Dスキャンの機能とその実態をお伝えします。従来、東邦ガスグループでは供給管を埋設した場合、現場で工事作業者がガス管の埋設位置・延長などを計測・記録。その後、事務所に戻ってガス管竣工図を作成するという流れで工事が行われていました。この工程が「ANDPAD 3Dスキャン」の活用により、どのように変化したかを、ANDPAD 3Dスキャンの機能説明を交えながら解説いたします。ガス供給管工事におけるDXの最前線を是非ご視聴くださいませ。▼登壇者情報東邦ガスネットワーク株式会社企画部 技術開発グループ 主任松林 秀典 様株式会社ANDPADANDPAD ZERO 研究開発グループ マネージャー菊野 格▼こんな方におすすめ ●ガス業界におけるDXの成功事例を知りたい●工事現場における3Dスキャン活用の実情を学びたい●管工事における業務効率化の最前線と東邦ガスネットワークの取り組みを知りたい※本セミナーは建設業向けとなります。同業他社の方/法人への所属が確認ができない方は、   ご参加いただけない場合がございますので、予めご了承ください。※事前収録のため、当日の質疑応答は弊社永野のみの対応となります。予めご了承ください。※申込枠に限りがございますため、お早めにお申し込みください。※視聴用URLのご案内は、ご登録いただいたメールアドレス宛にお送りいたします。   お申し込み後、お申し込み完了メールが届いていることをご確認ください。※初めてASBにお申し込みいただく方は、最初のアカウント発行に際し、   1-2営業日ほどお時間をいただいております。